私の最初の秋

トップの1をご覧ください 5 高地での訪問者のアトラクション - 今日のあなたの活動を予約!

私の最初の屋外のリードの秋には、数年の夫婦のみ前でした, [マーク・ワーナー].

私は投票Dubhで出ていた中岩山 グレン・ネイビス climbing with my brother Graham and my colleague Max who was working with the アイスファクター 夏向き.

私たちは、それは屋外のクライミングの第二のこれまでの経験グラハムたすべての日の素敵な簡単なルートを登っていたし、いくつかのSeveresとVdiffsを彼に至るまでの後に私とマックスは、一日の終わりに少し難しく何かをしようとするように感じました.

私たちはそこにある頂点の尾根に向かう提案しました 2 素敵な亀裂線 “VS 4℃で重度のクラック” そして “VS図5aでクラパムジャンクション” 私は以前、夏に登ったとマックスが好きだろうと思っていたこと.

我々の両方がスムーズに重度の亀裂の素敵をリードし、, それはちょうどので、あなたに自信の本当の感じを与える大きな爆撃機のナッツを食べます!

私たちは、これは少し急であるだけで、その左にクラパムジャンクションに亀裂線を我々の注意を回しました, より洗練されpumpy, i started out nice and easily placing good gear love the DMM offsets! そして、私は年に簡単に早く発見したと上部に右方向の手のトラバースまでの自分の道を働きました. この時間は、しかし、私は本当にトップのワイヤを配置するために苦労して覚えて、私は右の私の左足を研磨ロックと一瞬にポップ動き始めとして、その後ポンプは本当に後で私が下向きだったロープがきつくなった後、構築し始め, 私は何とか私の足をキャッチするために管理し、私はロープの上にタイト来た岩山に対して私の頭をノック反転が落ちたとして、ギアの私の最後の手間のかかるビットが保有していました. それはホチキス止め持っているベルフォードまでわずかカット! 私は一日の開始時に、私のヘルメットを忘れていました! 害は、それはたくさんより悪くなっている可能性が行われていません!

My first fall was at a place called Dalkey QuarryDublin (I forget the name of the route now) about seven or eight years ago, [Conor McCarthy].

I was fairly new to lead climbing and taking it slow. It was towards the end of the day and I was feeling strong, clearly stronger than I actually was, and decided to try something a little harder.

About half way up the climb the nerves were starting to build and my nemesisdisco legstarted to rear its ugly head. I’m not exactly sure what happened but the next thing I new I was off. Once I’d stopped falling and having made sure I was still in one piece I noticed that my rope was still slack. It had never come tight on my last piece of gear.

Confused, I looked down at my belayer who looked even more dumb founded than me. It turned out that as I fell a quickdraw which was on one of my gear loops had become lodged behind a flake and caught me! I couldn’t believe it! I did manage to get back on the wall and finish the route with both my ego and my quickdraw a little bit scratched.